取得するメリット

介護職員初任者研修を取得するメリット

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得すると主に経験的なメリットと金銭的なメリットがあります。
まず、経験的なメリットとしては、「介護をする上での身体の使い方」や「介護するうえで注意すること」などを講義、実習を通して学ぶことができます。
具体例としては、被介護者を抱きかかえたりする際には、足を開き腰を落としやすい体勢を取ること(こうすることで人体の中で最も強い力が出せる太ももの筋肉が使いやすくなり、腰を痛めたりすることを予防できる)が挙げられます。また、実務だけではなかなか学べない被介護者と接するうえでの心構え、虐待防止法等を学ぶことができるので、実際に実務をする際に、「こういうときはこういう心遣いが必要だったな」などと思い出すことができます。こうすることで、実務の質も上がり、あなたの評価も上がるのではないでしょうか。
次に、金銭的なメリットがあります。これは、単刀直入に言うと、この介護職員初任者研修を修了すると、時給があがります。というのも、この資格を取ることによって、行政から事業所へ補助金が出るので、その事業所へパートとして雇うよりもヘルパーを雇った方が事業所的にもお得なのです。こういった理由があるので、事業所からしても資格を持っていない人よりも持っている人が欲しいのは一目瞭然ですよね。

介護職員初任者研修の取得と必要性

介護職員初任者研修は、以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格です。2013年4月よりこの呼び方となりました。この資格を持っていなくても介護施設で働くことはできますが、介護施設の求人によっては必要としているところもあります。

介護職員初任者研修の所得では、介護をする上での基本的な知識や高齢者さんとのコミュニケーションの取り方など、介護に関しての基礎知識を学ぶことができます。介護関係の業界で働くことを考えている人には入門となるような資格です。

介護業界では事実上、この資格を持っていることは必須であると言えるでしょう。介護職員初任者研修は、まだできてから日が浅い資格ですから、以前のホームヘルパー2級と比較していくと内容が理解しやすいかもしれません。

まずどちらも研修時間は130時間となっています。ホームヘルパー2級では研修時間の中に施設での実習がありましたが、介護職員初任者研修ではこれはありません。その代わり研修時間の終了後に修了試験があります。

試験といっても介護への入門的な資格という位置づけなので、難しい試験ではありません。資格取得までかかる時間は、早くて1ヶ月、遅くて4ヶ月ほどのようでバラツキがあるようです。働きながら資格取得を目指す人がいるなど、人により状況の違いがあるからでしょう。