介護職員初任者研修の資格取得方法

介護業界の入門資格と言われる「介護職員初任者研修」ですが、具体的にどのようにして資格を取得するかについてはあまり知られていません。いったい、介護職員初任者研修の資格はどうすれば取得できるのでしょうか。
介護職員初任者研修は厚生労働省が定めた基準を満たした各都道府県が指定する学校で研修を受けることが必要となります。介護職員初任者研修を実施している学校はそれを売りにしていることが多いので、比較的簡単に見つけることができます。通信制の講座もありますが、スクーリングや講座講習は必ず必要となるため、通信制講座だけで取得できる資格ではないことには注意が必要です。
介護職員初任者研修の研修時間は10科目130時間と定められており、「介護職員は何をするのか」「介護技術」「老化・認知症の理解」などの介護業界で基本的な知識の習得が求められます。一般的に修了後、軽い筆記試験のようなものが課されますが、もし筆記試験の出来が悪くても補講などが実施されるため、修了できないことはほとんどありません。
まとめると介護職員初任者研修は都道府県が指定する学校に通って研修を受けることで取得できる資格ということになります。容易に取ることができる介護資格ですので、ぜひ取得されることをおすすめします。