資格取得方法

介護職員初任者研修の資格取得方法

介護業界の入門資格と言われる「介護職員初任者研修」ですが、具体的にどのようにして資格を取得するかについてはあまり知られていません。いったい、介護職員初任者研修の資格はどうすれば取得できるのでしょうか。
介護職員初任者研修は厚生労働省が定めた基準を満たした各都道府県が指定する学校で研修を受けることが必要となります。介護職員初任者研修を実施している学校はそれを売りにしていることが多いので、比較的簡単に見つけることができます。通信制の講座もありますが、スクーリングや講座講習は必ず必要となるため、通信制講座だけで取得できる資格ではないことには注意が必要です。
介護職員初任者研修の研修時間は10科目130時間と定められており、「介護職員は何をするのか」「介護技術」「老化・認知症の理解」などの介護業界で基本的な知識の習得が求められます。一般的に修了後、軽い筆記試験のようなものが課されますが、もし筆記試験の出来が悪くても補講などが実施されるため、修了できないことはほとんどありません。
まとめると介護職員初任者研修は都道府県が指定する学校に通って研修を受けることで取得できる資格ということになります。容易に取ることができる介護資格ですので、ぜひ取得されることをおすすめします。

介護職員初任者研修の資格を取得するためには

介護職員初任者研修の資格には年齢制限や学歴制限などはないので、どなたでも取得可能です。
各地方自治体が指定している養成機関が行っている講座を受講した上で、筆記試験に合格すればよいだけです。
受講開始時期はスクールによって様々ですので、スクール開始まで長い間待つ必要はありません。

スクールには二つのスタイルがあります。
一つは通信教育と通学を併用しているもので、受講期間はおよそ三か月程度となります。
もう一つは通学のみのものです。
こちらは、1ヵ月もあれば資格を取得することが可能です。
どちらが良いということもないので、ご自身の都合に合わせて決めましょう。

介護職員初任者研修の講義は130時間と決められています。
その中で介護に必要な知識を学んでいきます。
座学はもちろんですが、実技実習もあります。
身体を動かしながら学ぶことができるので、資格取得後はすぐに即戦力として活躍することができます。
ちなみに、通信+通学の場合、通信形式で受講できる上限は130時間中40.5時間となります。

資格取得後は、養護老人ホームやグループホームでスタッフとして勤務可能です。
施設で働くこともありますが、訪問スタッフとしても活躍することができます。
パートタイマーの募集も多いので、ライフスタイルに合わせた勤務が可能です。