介護業界で優先して取るべき資格4つ

これからの日本を支えていく仕事とされている介護業界。人手不足で常に求人があることから、介護業界で働きたいという人は少なくありません。しかし、介護業界にまつわる資格はかなりの数があって、いったいどの資格を取ればいいのか分からないのではないでしょうか。今回は介護の資格で優先度の高い資格4つをお教えします。
まず、介護職員初任者研修です。これは介護に関連する基本的な知識と技術を習得することを目的としており、介護業界の入門的な資格となっています。介護業界で働きたいと思う人は必ずこの資格を取っていると言っても良いほどの資格ですから、介護職員初任者研修は必ず取得するようにしましょう。
次に、優先度が高いのが実務者研修です。実務者研修は介護福祉士を受験するための必須資格となっており、介護業界でのステップアップを狙う人は必ず取得しておくべき資格です。また、医療的ケアの知識を学ぶことができるため、より高度な介護を実践する手助けになります。
そして、介護職唯一の国家資格である介護福祉士です。実務者研修を取得済みで、かつ3年以上の実務経験を有すると受験資格を得ることができます。この介護福祉士を取得すると介護業界であればどこでも採用してもらえるでしょう。
最後に、介護士の最上位資格であるケアマネージャーもおすすめです。ケアマネージャーの資格取得者はケアプランを作成することが許されるため、介護業界の中枢として働くことができます。受験資格は保険・医療・福祉分野の有資格者で、5年以上の実務経験が必要となるのでハードルは高いですが、介護業界で主導権を握って活躍したい人にはぜひ取得するべきでしょう。
以上、4つの資格が介護業界で働きたい人が優先して取得するべき資格です。将来のキャリア形成の参考にしてください。