2017年 1月 の投稿一覧

介護職員初任者研修とは介護の仕事につく人の為の必須の資格です。

介護職員初任者の資格とは2013年4月以降に始まった介護保険法施行規則の変更に伴う新たな制度の元作られた資格で介護の仕事をしていく上での必要とされる技術や知識を身につけたと証明する資格でその為の研修が介護職員初任者研修となります。その研修内容は約130時間程のカリキュラムとなっており、研修科目としては職務についての理解、介護における尊厳の保持、自立支援、介護の基本、介護、福祉サービスの理解と医療との連携、介護におけるコミニュケーション技術、老化や認知症、障害などへの理解、こころとからだの仕組みと生活支援技術といった項目、そして振り返りをいれた10項目からなっています。これらを受けて資格を持たないと介護施設などで働けないのかというとそういう訳ではありませんが現実的には仕事への応募要件として求められる事が多い資格です。取得するには費用もおおよそ10万円?15万円位はかかりますが、この資格を持つ事で全国の介護関係の仕事については変わりなく評価されますので介護関係の仕事に着くのであれば必ず取得される事を勧めます。今では各種スクールや中には通信教育を用意しているところもありますので活用してみるといいと思います。

介護業界で優先して取るべき資格4つ

これからの日本を支えていく仕事とされている介護業界。人手不足で常に求人があることから、介護業界で働きたいという人は少なくありません。しかし、介護業界にまつわる資格はかなりの数があって、いったいどの資格を取ればいいのか分からないのではないでしょうか。今回は介護の資格で優先度の高い資格4つをお教えします。
まず、介護職員初任者研修です。これは介護に関連する基本的な知識と技術を習得することを目的としており、介護業界の入門的な資格となっています。介護業界で働きたいと思う人は必ずこの資格を取っていると言っても良いほどの資格ですから、介護職員初任者研修は必ず取得するようにしましょう。
次に、優先度が高いのが実務者研修です。実務者研修は介護福祉士を受験するための必須資格となっており、介護業界でのステップアップを狙う人は必ず取得しておくべき資格です。また、医療的ケアの知識を学ぶことができるため、より高度な介護を実践する手助けになります。
そして、介護職唯一の国家資格である介護福祉士です。実務者研修を取得済みで、かつ3年以上の実務経験を有すると受験資格を得ることができます。この介護福祉士を取得すると介護業界であればどこでも採用してもらえるでしょう。
最後に、介護士の最上位資格であるケアマネージャーもおすすめです。ケアマネージャーの資格取得者はケアプランを作成することが許されるため、介護業界の中枢として働くことができます。受験資格は保険・医療・福祉分野の有資格者で、5年以上の実務経験が必要となるのでハードルは高いですが、介護業界で主導権を握って活躍したい人にはぜひ取得するべきでしょう。
以上、4つの資格が介護業界で働きたい人が優先して取得するべき資格です。将来のキャリア形成の参考にしてください。

介護職員初任者研修の資格取得方法

介護業界の入門資格と言われる「介護職員初任者研修」ですが、具体的にどのようにして資格を取得するかについてはあまり知られていません。いったい、介護職員初任者研修の資格はどうすれば取得できるのでしょうか。
介護職員初任者研修は厚生労働省が定めた基準を満たした各都道府県が指定する学校で研修を受けることが必要となります。介護職員初任者研修を実施している学校はそれを売りにしていることが多いので、比較的簡単に見つけることができます。通信制の講座もありますが、スクーリングや講座講習は必ず必要となるため、通信制講座だけで取得できる資格ではないことには注意が必要です。
介護職員初任者研修の研修時間は10科目130時間と定められており、「介護職員は何をするのか」「介護技術」「老化・認知症の理解」などの介護業界で基本的な知識の習得が求められます。一般的に修了後、軽い筆記試験のようなものが課されますが、もし筆記試験の出来が悪くても補講などが実施されるため、修了できないことはほとんどありません。
まとめると介護職員初任者研修は都道府県が指定する学校に通って研修を受けることで取得できる資格ということになります。容易に取ることができる介護資格ですので、ぜひ取得されることをおすすめします。

介護職員初任者研修を取得するメリット

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得すると主に経験的なメリットと金銭的なメリットがあります。
まず、経験的なメリットとしては、「介護をする上での身体の使い方」や「介護するうえで注意すること」などを講義、実習を通して学ぶことができます。
具体例としては、被介護者を抱きかかえたりする際には、足を開き腰を落としやすい体勢を取ること(こうすることで人体の中で最も強い力が出せる太ももの筋肉が使いやすくなり、腰を痛めたりすることを予防できる)が挙げられます。また、実務だけではなかなか学べない被介護者と接するうえでの心構え、虐待防止法等を学ぶことができるので、実際に実務をする際に、「こういうときはこういう心遣いが必要だったな」などと思い出すことができます。こうすることで、実務の質も上がり、あなたの評価も上がるのではないでしょうか。
次に、金銭的なメリットがあります。これは、単刀直入に言うと、この介護職員初任者研修を修了すると、時給があがります。というのも、この資格を取ることによって、行政から事業所へ補助金が出るので、その事業所へパートとして雇うよりもヘルパーを雇った方が事業所的にもお得なのです。こういった理由があるので、事業所からしても資格を持っていない人よりも持っている人が欲しいのは一目瞭然ですよね。

介護職員初任者研修の取得と必要性

介護職員初任者研修は、以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格です。2013年4月よりこの呼び方となりました。この資格を持っていなくても介護施設で働くことはできますが、介護施設の求人によっては必要としているところもあります。

介護職員初任者研修の所得では、介護をする上での基本的な知識や高齢者さんとのコミュニケーションの取り方など、介護に関しての基礎知識を学ぶことができます。介護関係の業界で働くことを考えている人には入門となるような資格です。

介護業界では事実上、この資格を持っていることは必須であると言えるでしょう。介護職員初任者研修は、まだできてから日が浅い資格ですから、以前のホームヘルパー2級と比較していくと内容が理解しやすいかもしれません。

まずどちらも研修時間は130時間となっています。ホームヘルパー2級では研修時間の中に施設での実習がありましたが、介護職員初任者研修ではこれはありません。その代わり研修時間の終了後に修了試験があります。

試験といっても介護への入門的な資格という位置づけなので、難しい試験ではありません。資格取得までかかる時間は、早くて1ヶ月、遅くて4ヶ月ほどのようでバラツキがあるようです。働きながら資格取得を目指す人がいるなど、人により状況の違いがあるからでしょう。

資格レベルで言えば介護初任者研修は熟練度1

国が介護の資格を整理しキャリアパスのルートをはっきりさせました。
そして2017年1月の介護福祉士国家試験より介護実務者研修修了資格が国家試験の受験要件となり、その前のステップとして介護初任者研修が位置づけられるようになりました。

さて、では改めて職業レベルとしての資格をもう一度確認してみましょう。
まず、レベル1として介護初任者研修。
次に、レベル2として介護実務者研修。
そして、レベル3として介護福祉士。
さらに、レベル4として認定介護福祉士。
このうち国家資格なのが介護福祉士であり、初任者研修と実務者研修は都道府県知事が認定する公的資格です。
一方で、新たに創設されたレベル4の認定介護福祉士は、 2016年12月に一般社団法人である認定機構が設立され、ようやくこれから要請が始まろうと言うところです。

このように熟練度のレベルにより資格が明確化されましたから、今自分がどの立ち位置にいるのか、あるいはこれから経験値を積んでレベルアップしていけば良いのか、よりわかりやすくなったと思います。

こういう流れから言えば、介護初任者研修は介護分野の基礎中の基礎の資格であるといえます。
基礎をおろそかにしては応用などできませんから、最初の最初から学ぶ、あるいは復習すると言う意味でも 1番わかりやすく1番大事な点であるのは言うまでもありません。

ホームヘルパー2級が介護初任者研修に変わった!

かつて、介護の資格のスタンダードと言えば訪問介護員(通称・ホームヘルパー)2級資格でした。資格自体は現在でも有効ですが、新規での取得は廃止されています。
ではなぜ廃止されたのか。それは介護初任者研修として生まれ変わったからです。

この介護初任者研修資格は、ホームヘルパー2級同様保持していないと業務として訪問介護自体を行うことができません。
しかし介護の職種は訪問だけではなく多種多様。そこで、施設系でもキャリアパスの最初のステップとして初任者研修を設けることで、より明確化したといえます。
実際問題、施設では無資格でも介護の仕事を行う事はできます。ところが、よくよく求人の募集要項などを見ると、必要資格として介護初任者研修修了(もしくはヘルパー2級)が挙げられている例が少なくないのです。
これは、客観的な能力の判断基準として国が認めた公的な資格を所有していることが、事業所にとっても大きな判断材料として示されていると言えるでしょう。
いずれにせよ、介護業界で働く以上は最低限取得しておかなければならない必要条件の1つである事は言うまでもありません。
もちろん、国家資格の介護福祉士を目指すためには最初に通らなければならない関門の1つとも言えるのです。

介護職員初任者研修を取得してから

高齢化率が上昇している日本。しかし、介護職に携わる人は、人材不足といわれるほど、少なく困難しているところです。その理由としては、おそらく、給料が少ない!また重労働、ってところだとおもうのです。これからはどんどん高齢者が増えて、支援者が足りないと困ってしまう時代となると思われます。
介護職員初任者研修を取得すると、訪問介護、通所介護、施設、他いろいろ働く選択が広がります。人と付き合う仕事となるため、コミュニケーションが必要になるのですが、いろいろ人生を学ぶことが出来、スキルもアップ、人として成長することは間違いない仕事です。
またがんばって継続して働くことで、どんどん資格を取得することが出来ます。3年で介護福祉士、5年で介護支援専門員、さらに介護支援専門員を5年続けることで主任介護支援専門員。スキルがアップするというやりがいと生きがいに気がつけると思います。
給料が安いので、なかなか継続することが困難なのかもしれませんが、これだけスキルアップを確認できる仕事もないので、自分で生きていることを実感できると思います。
介護職員初任者研修は、お金を支払って、取得しなければならないのですが、中には働きながら取得できるところもあります。やる気がある人は、ぜひ、この福祉の仕事に携わる人は、優しい人が多いので、きっと楽しく働けると思います。

介護職員初任者研修の資格を取得するためには

介護職員初任者研修の資格には年齢制限や学歴制限などはないので、どなたでも取得可能です。
各地方自治体が指定している養成機関が行っている講座を受講した上で、筆記試験に合格すればよいだけです。
受講開始時期はスクールによって様々ですので、スクール開始まで長い間待つ必要はありません。

スクールには二つのスタイルがあります。
一つは通信教育と通学を併用しているもので、受講期間はおよそ三か月程度となります。
もう一つは通学のみのものです。
こちらは、1ヵ月もあれば資格を取得することが可能です。
どちらが良いということもないので、ご自身の都合に合わせて決めましょう。

介護職員初任者研修の講義は130時間と決められています。
その中で介護に必要な知識を学んでいきます。
座学はもちろんですが、実技実習もあります。
身体を動かしながら学ぶことができるので、資格取得後はすぐに即戦力として活躍することができます。
ちなみに、通信+通学の場合、通信形式で受講できる上限は130時間中40.5時間となります。

資格取得後は、養護老人ホームやグループホームでスタッフとして勤務可能です。
施設で働くこともありますが、訪問スタッフとしても活躍することができます。
パートタイマーの募集も多いので、ライフスタイルに合わせた勤務が可能です。

介護職員初任者研修とはどのようなものか?

介護職職員初任者研修とは、介護をする上で必要な知識や技術や、考え方を理解することを目的とした資格です。
具体的な内容としては食事や入浴、家事などの日常生活の援助をすることです。
この資格を持っていると自分の家庭でも使える知識を身につけることができます。
一度覚えてしまえばずっと使える知識になっています。

施設やデイサービスセンターで働くことになり、働く所により、症状の違う人がいるので、それに合わせた仕事をすることになります。

介護職員初任者研修は誰でも受講できることになっていて、研修終了後には、筆記試験を受けます。

筆記だけではなく実技の実習もあり、実際に車椅子を使って体を動かしながら知識を身につけていきます。
プログラムが決まっていて、それをすべての項目行うような形になります。
資格取得まではだいたい3ヶ月ぐらいはかかります。

資格取得にかかる費用は取得する場所によっておおきくかわってきますが、5万?6万円ぐらいになっています。

介護職員初任者研修の資格を持っていると、仕事でいかせるということだけではなく、家庭でも癒すことができ、知っていると得することが多いはずです。
資格取得に期間はかかりますが、良い資格です。